どの様な処なの?

認知症カフェは、認知症の人やその家族が情報を交換したり、地域住民と交流をすることを目的として、日本でも近年増えてきております。場所は主催者の自宅等の民家や、スペース等を借りて実施されることが多く、費用は数百円~2,000円位の所が多いい様です。

何をしてるのですか?

軽度の認知症の人は自分の言動、行動が周囲の友人等との違和感を感じ始めて自宅に引きこもったり、ストレスを溜めて異常行動を起こしたりしてしまう事があります。この様な状況がが認知症の症状を進めてしまう可能性があります。このカフェでは認知症の人々が私だけではないんだと認識して互いに認め合い自分の思っていることを話せるのでストレスが溜まりにくくなり、認知症の進行を遅らせると考えられております。又家族の方も情報の交換、収集ができ、進行していく認知症に対する情報を事前に得ることができます。

実績がありますか?

この様な認知症カフェは認知症対策の先進国であるイギリスのメモリーカフェ、オランダのアルツハイマーカフェ等を参考にして設立、運営されていると言われております。

何処にありますか?

残念ながら現在はこのカフェの営業だけでは経営的に無理がある為に全国的に見てもまだまだ少数です。皆さんの地元の自治体他に問い合わせてみてください、情報を貰えると思います。

 

PREVIOUS
NEXT

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)