認知症徘徊と思ったら        すぐに探してください!

どうゆうこと?

認知症による徘徊で行方不明になった高齢者は、発見に時間がかかれば生存率が著しく低下していく傾向が明らかになった。と桜美林老年学総合研究所の鈴木隆雄所長らが厚生労働省からの研究費を受けて、2013年度中に認知症が疑われる状況で警察に行方不明者届が出された10,322人のうち、死亡した388人を含む776人の家族に調査票を郵送し、全項目で回答のあった204人分を解析した。

結果は!

発見されたのが行方不明になった当日なら82.5%が生存・発見されたが、翌日ならその日に発見された人の63.8%が生存・発見、3~4日目は計21.4%と低下。5日以降の生存・発見の人はいなかった。尚、亡くなった人の4割以上が程度の軽い認知症で、研究班は「軽度だからという先入観を持ってはならない」と警告している。

誰が発見したのか?

徘徊中の高齢者の」発見者は家族や捜索関係者以外(地域の住民等)が半数をしめた。鈴木所長は「地域社会の協力が早期発見につながる」と話す。(参考:朝日新聞社)

「いずこねっと」の提案

「いずこねっと」は捜索が出来ない状況の介護者の代理捜索、見守りの依頼により位置検索機器を使用して地域の捜索員に依る迅速な発見と見守りを行い、地域の警察、自治体と協力して認知症徘徊の行方不明等の重大事故の防止をする継続可能なシステムの提案と実践を計画しております。

 

 

PREVIOUS
NEXT

コメント

  • いずこねっと いずこねっと より:

    同居で専従の介護者がいても、散歩に行ったのに今日は随分帰りが遅いな!何処を歩いているんだろう「あそこかな?ここかな?」と探し歩いて、何処にいるのかあせりパニック状態に陥ってから警察(交番)に行き行方不明届を出した時には、いなくなったと気付いてから数時間も経っており、今歩いていそうな場所が全く不明状態なので警察も積極的には捜索出来ません。その結果投稿記事の様な状況になってしまいます。
    認知症高齢者が散歩に出る時に位置情報機器を携帯して貰えば、高齢者が今散歩している場所がスマホの地図上に反映されるので、介護者が「こんな場所を歩いてる!もしかしたら徘徊?」と思えば直ぐに迎えに行けます。(いずこねっと)は介護者が就業中等の理由で迎えに行けない時に介護者に代わって位置情報に基づいて徘徊高齢者の人命を守る捜索、事故回避の見守りの継続可能なシステム構築を地域の有志、自治体、警察他と協力して進めていきます。

  • コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)