空の写真

認知症徘徊者にも自由な散歩は必要

自由な散歩は必要です

軽度の認知症の方の散歩は外部の刺激、運動によるストレスを減少等、病状の進行を遅らせる為のひとつの有効な手段ですが徘徊につながる危険性もありますので有効な見守り方法を実践してください。

有効な見守り法が見つかれば認知症老人と介護者相互のストレスの軽減になります。

この見守り法としてGPS等位置情報機器を使用することも有効な手段のひとつになると思われますし、実際に群馬県高崎市で市、警察が徘徊対策として利用され始めております。

高崎市、その他の実施地区の現在の利用運用状況、使用機器その他の情報をお持ちの方は是非お知らせください。

宜しくお願いいたします。

PREVIOUS
NEXT

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)