2006年2月 息子の認知症母殺人心中未遂の概要

事件が起きた背景

2006年2月京都市伏見区で10年近く前から認知症を患う母親(86歳)を1人で介護していた男性(54歳)が、母の首を絞めて殺害。自分も包丁で首を切り、自殺を図った。男性は母の症状が進行して退職せざるを得なくなった時、介護と両立できる仕事は見つからなかった。親族に援助を求められず、失業保険の給付も止まった。デイケア費用や家賃の支払いが不可能となり、ついに心中を決意した。初公判の冒頭陳述で検察側が語った次の様な事件までの経緯が大きな反響をよんだ。男性は心中を決意し「最後の親孝行」として車椅子の母と京都市内を観光。そして翌朝、桂川河川敷の遊歩道で「もう生きられへん。ここで終わりやで」と母に告げた。母が「そうか、あかんか。一緒やで」と返すと、男性は「すまんな」と謝り、額を母の額にくっつけた。その後、「わしの子や。わしがやったる」という母の言葉を合図に男性は母の殺害に踏み切った、という。

2006年7月の京都地裁判決

裁判官はその苛酷な境遇に共感したのか懲役2年6か月、出向猶予3年という異例の「温情判決」を下した。さらに、「お母さんのためにも幸せにいきていくよう努力して」と声をかけた。

男性のその後

毎日新聞によると、何年か後、男性は滋賀県の琵琶湖大橋から数百円の所持金とともに自分と母親のへその緒、「一緒に焼いて欲しい」と書かれたメモを鞄に残して飛び降りた。2016年1月J-CASTニュース、ライブドアニュースに依る。

 

PREVIOUS
NEXT

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)